フランス2日目✨

タクシーを待って寛子さんの店まで〜〜💕
OKOMUSU Parisはマレ地区の一通裏通りにあった。

f:id:asarichann:20170703160023j:image

マレ地区にある寛子さんの店は東京でいう西麻布の裏通り辺りの感覚だとかオーナーの田淵寛子さんが仰っていた。寛子さんとは今回初対面、周りが日本食はアジアやアメリカを目指していた時『私はヨーロッパや!』とフランス語も話せない時から1人で乗り込みお店は大繁盛4年やってるそうで、元IT系のバリバリの大阪っ子だ。
キャベツを切る、具を混ぜる、そして焼く、この一見シンプルな食べ物はシンプルだからこそ奥が深く天候によって粉の量を変えていてグルテンフリーにも取り組んでいらっしゃるそうで、一口食べたらサクフワっ!キャベツの甘さとお好み焼きソースが口いっぱいに広がり軽めヘルシー、女性でも2枚は行けそうなお好み焼きでした。C'était très bon!

f:id:asarichann:20170703160131j:image

また彼女はお顔が広い方で福33のお客様やミセスグランプリのお美しいお姉様、大学の後輩などからあさりちゃんが来る事連絡来てましたよ〜〜と教えてくれた。第一印象パワフル‼︎ とても素敵な女性でした。明日行こうかなーと思っていたMAISON DU SAKÉのオーナーとも親しく、今日イベントやってるからお連れしようかと思ってましたと、え?!良いんですか‼︎ 行きたい!とOKOMUSU Parisより徒歩10分ぐらいの場所MAISON DU SAKÉへ。

f:id:asarichann:20170703160403j:image

店の前には煙草を吸う人達で溢れ、ファッションウィークという事もありお洒落な人達で店内は盛り上がっていた。1階は3フロアに分かれていて奥には座敷、フレンチレストラン、そしてMAISON DU SAKÉ 、地下は階段を降りたとこに13€から楽しめるカクテルバー、右奥にはDJのいるクラブ、左奥の鍵がかかってるとこは会員制ウヰスキーバーが併設されていた。

f:id:asarichann:20170703160508j:image

体にタトゥーを入れた人が目立っていたが日本酒をワイングラスで呑んだりおつまみ摘んでいたりと踊ったり話したり、よく日本語も飛び交っていた。寛子さんにオーナーのユーリンさんを紹介してもらいひとしきり上から下からまわり日本酒をムッシュと寛子さんと乾杯🥂

f:id:asarichann:20170703160712j:image
フランスで日本酒を頂くなんて…不思議な気持ち…と時差ボケでボォ〜〜っとなっていた。ん?気づいたら私久々のオール?(笑)
そう日本時間は朝8時ぐらい。もう電池が切れそうでDJが出してる音とは裏腹に私の中は無(笑)
やっとホテルに帰ってきたと思ったら、電気もつけたまま熱い部屋で気絶してしまった様だ。ふと起きたら、おっと3時間睡眠。やっぱりフランス来たら睡眠もフランスの英雄ナポレオンボナパルト同様3時間か(笑笑)
今日はルーブル美術館にでも行ってKishiでランチしようかしら。

広告を非表示にする